守りたい電報のマナー


結婚式にお祝い電報を贈るときは届くタイミング、宛名、縁起の悪い言葉や重ね言葉を使わないように注意しましょう。一般的に電報は披露宴が午前中の場合は前日に式場に届く様に手配し、午後の場合は披露宴が始る2時間ほど前には届くように手配します。しかし生花を添えた電報の場合は通常の電報と取り扱いが異なることが多く、会場や披露宴会場にセットされることもあるので、必ず事前に式場に確認するようにしましょう。

宛名は連名でも新郎・新婦のどちらかだけでも良いです。一般的に両人と面識がある場合は連名、片方のみの場合はどちらかだけを選択する人が多いです。結婚式は両家の名前であげるので、既に入籍して名字が変わっている場合でも宛名は旧姓にするのが一般的です(入籍後、何年も経ってからの場合は新しい姓でも問題ありません)。

電報で使用する言葉についてはある程度の注意が必要です。結婚式の形も今はそれぞれで昔ほど礼儀に煩くなくなりましたが、披露宴には年配の方も出席しています。結婚式の祝電の場合は縁起の悪い言葉だけでなく再婚・再縁をイメージさせる重ね言葉もさけましょう。重ね言葉とは同じ音が繰り返される言葉、誤って使われることが多いのは「いろいろ」と「ますます」です。つい「色々な思い出が…」や「ますます幸せになる」など使ってしまうものです。

電報はいまは身近なものではなく、どこか電報は敷居の高いものとなりつつあります。だからこそあなたの嬉しい気持ちを生花に託した電報はとても喜んでもらえるでしょう。
フラワー電報取扱い業者では生花の贈り方に種類がありますので、それぞれのメリットを理解して誰もが満足できる電報選びをしましょう。そのためにはマナーを守ることもとても大切です。