結婚式では電報が便利


電報とは電信を利用した文書(電書)の配達サービスであり、郵便よりも早く通報できる連絡手段の1つです。一般に電話が普及するまでは緊急連絡の手段に利用されていましたが、携帯電話や電子メール(Eメール)の利用が一般的な現在では緊急連絡等に利用されることは少なく、冠婚葬祭で祝電や弔電に電報が使われることが多いです。

お祝いの気持ちや弔意を示す手段として電報の他にEメールや手紙などがあります。しかしEメールではフランク・簡易的過ぎて気持ちが伝わらないという意見があります。更にEメールではプリントアウトする手間もあり、会場によっては嫌がられるケースもあります。また文章の書かれた紙1枚が届いても祝意や弔意が薄れ、その言葉や形式の意味が薄れてしまいます。電報では表紙が添えられきちんとした形式で整えられています。

一方で手紙では当日または前日に外部会場に届くように手配するのは難しい(配達事情により予定通りにいかない例が多い)という意見や体験談が多いです。結婚式は葬儀と違って1つの会場で複数の挙式・披露宴が執り行われることが多く、手紙では間違えて他の控室・会場に届くということも少なくありません。そのため今でも冠婚葬祭、特に結婚式では電報が使われる機会が多いです。

結婚式の電報には台紙に花やぬいぐるみを添えて贈る種類もあります。ぬいぐるみは送られる側の好みもあったりして余程仲のいい相手に限定されますが、花ならば失敗の少ない選択です。今回は花を添えた電報(フラワー電報)、その中でも生花を使ったフラワー電報について紹介します。